顎のお悩み別整形方法

顎のお悩み別整形方法

顎の整形には色々な方法があります。

 

悩みや症状によって効果のある方法もあるので、
ここはしっかり知っておきましょう。

 

顎の悩み別に、もっとも合った整形方法を書いていきますね。
顎の悩みは大きく二つに分けられます。

 

一つ目は顎が小さく、へこんだ顎を前に出したいというものです。
顎を手前に出すには二つの方法があります。

 

一つはヒアルロン酸注射で、もう一つがプロテーゼ挿入です。

 

前者はメスを使用しない施術方法です。
施術後数時間から数日間の間に効果が現れます。
人によって異なりますが、3ヶ月から半年くらいは持続します。

 

後者は口の内側からプロテーゼという
人工軟骨を骨の上に挿入する方法です。

 

これも人によりますが、腫れが引くまでに数日かかる場合もあります。

 

いずれの手術も、ほとんどの場合が
日帰りで手術を受けることができるんです。

 

もう一つの悩みは顎が前に出てしまっているので
ひっこめたいという悩み。

 

顎が大きく顔の輪郭全体を小さくしたいなら、
ボトックス注射が良いでしょう。

 

ボトックス注射は顔の筋肉の機能を一時的に止めることができます。
えらを小さくして、フェイスラインをシャープにするという効果が期待できます。

 

効果は6ヶ月〜1年くらい持続します。

 

長い顎を短くしたい。
突き出た顎をひっこめたりしたいという時は、
骨削り・骨切りしかありません。

 

骨を削ることで顎を小さく短くします。
効果がハッキリと分かるもので、半永久的に再手術を受ける必要がありません。

 

前者は日帰りで終わることがほとんです。
後者は約1週間くらいのの入院が必須です。

 

整形をする時は、自分の悩みや予算を考えて、
医師と相談して施術方法を選ぶと良いでしょう。