顎整形のリスク

顎整形のリスク

顎を前に出したい、顎を小さくしたい、
フェイスラインを整えたい・・・

 

顎の悩みは人によって違います。

 

この場合、顎の整形を受けるという選択肢がありますが、
整形にはリスクが伴ってきます。

 

満足のいく効果を得るためには、整形のリスクをしっかりと理解し、
できるだけそのリスクを避けるようにしましょう。

 

小さい顎をきれいに整える。へこんだ顎を前に出したり、という場合。
整形方法にはヒアルロン酸注射、プロテーゼ注入、骨切りがあります。

 

ヒアルロン酸注射はそもそも人体に存在する成分となりますので、
副作用の心配はございません。
プロテーゼや骨切りを選択した場合は、そのリスクは高くなります。

 

このように、リスクを回避するには整形手術を行う場所、
整形外科をしっかりと調べ、納得のいくまで施術内容を確認するようにしてください。

 

また、ヒアルロン酸やボトックス注射のような整形方法は、
三ヶ月から半年で効果がなくなってしまう整形方法ということも知っておきましょう。

 

効果を持続させたいと思ったら、定期的に施術を受ける必要があります。
最初から半永久的な効果を望のなら、他の方法を選択した方が良いでしょう。

 

また、術中や術後の痛みが不安な方もいるでしょう。

 

自分が痛みに弱いと感じている場合、簡単な手術でも
全身麻酔でできる場合もあるので、事前に確認してください。

 

術後の腫れは、個人差があって、
必ずしも医師の説明通りに腫れが引いていかない可能性があります。

 

それでも腫れが長引く場合や痛みがある時は、
早めに医師に相談するようにしましょう。

 

これらのリスクをゼロにすることはほぼ不可能ですが、
少しでもリスクを減らすために、調べることを欠かさないでください。