顎の整形 骨切り・骨削り

顎の整形 骨切り・骨削り

顎を劇的にへこませたい。
顎の形を半永久的に整えたいという人には、
顎の骨切り・骨削りという整形方法があるのをご存知でしょうか?

 

骨切りとは顎がへこんでいる場合に顎の骨を切って
位置の調整をすることで、顎を前に出し、形を整える方法です。

 

骨削りは、逆に骨格で顎が前に出ていたり長くなってしまっている場合に、
骨を削ってフェイスラインをシャープにするという方法です。

 

骨切り・骨削りは口の内側からメスを入れて行うのが一般的です。

 

口の内側なので手術後に大きな傷跡が残る心配が少なく
回復が早いので、一週間程度で抜糸することができます。

 

この整形方法は、他の方法と比べて手術後の効果がハッキリと分かり、
さらに一度手術行うと半永久的にその状態を保つことができるため、
再手術の必要がありません。

 

確かな効果を得たいという人には、有効的な整形方法と言えるでしょう。

 

ただし、全身麻酔で手術するという大きなリスクもあります。
顎の整形方法の中では、一番大変な手術と言えるでしょう。

 

そのため、術後のケアが必要となり、
一週間くらいの入院は仕方がないでしょう。

 

また顔の腫れが引くまでにも、だいたい1週間くらいかかって
完全に顔になじむまでは、一か月くらいかかることも知っておきましょう。

 

全身麻酔での手術ということもあり、手術時間は約2時間くらいかかります。

 

手術にかかる費用は、かなり大掛かりな手術ということもあり、
他の整形方法にくらべて、相当高くなることも知っておきましょう。

 

骨は一度削ってしまえば元に戻すこと困難です。

 

その為、骨切り・骨削りをする際には、事前に
術後のシミュレーションができるところにしましょう。

 

施術を受ける整形外科はしっかりと調べ、安心できるところを選択しましょう。