顎の整形 メリットとデメリット

顎の整形 メリットとデメリット

顎の整形を行う時は、
どの手術を選ぶかは悩みや予算によって考えますよね。

 

施術方法別に、それぞれのメリットとデメリットを
知っておくことは、整形方法を選択する上で非常に重要なことです。

 

ひっこんだ顎を前に出すためにするヒアルロン酸注射のメリットは、
安全性と費用の安さです。

 

ヒアルロン酸はそもそも体内にある物質なので、
アレルギーがでる心配がほぼありません。

 

そして、手術費用は5万円から10万円と、
整形外科の中では圧倒的に安いと言えるでしょう。

 

デメリットとしては、ヒアルロン酸注射の効果が
6ヶ月程度しか持たないということです。

 

一方、プロテーゼ挿入を選んだ場合のメリットは、
その効果が半永久的だということ。

 

しかし、費用は安くても25万円ほどかかり、
ヒアルロン酸注射に比べるとかなり高くなります。

 

顎を小さくしたいと思っている方には、
ボトックス注射というものがあります。

 

メリットは、医療の現場でも使われている施術方法なので、
安全性が高いということです。

 

さらに、費用もそこまで高くありません。

 

ただ、ヒアルロン酸注射と同じようにその効果は6ヶ月から1年くらいで、
定期的に施術を行う必要があります。

 

顎を半永久的に小さくしたいという時は、
骨削り・骨切りが良いでしょう。

 

骨格自体を変えるため、効果が明らかで
半永久的に効果があり、再手術をする必要もありません。

 

ただし骨削り・骨切りには全身麻酔という大きなリスクがあり、
1週間くらいの入院はほぼ必ず必要となります。

 

また、費用が高いこともデメリットの一つで、
だいたい100万円くらいを考えたおいた方が良いでしょう。

 

どれも、顎の整形方法としては有名で、
効果のある方法と言われています。

 

これらのメリット・デメリットを知った上で、、
自分の悩みに合った方法を選びましょう。